はなアンニャー

新型コロナウィルスの影響で、与論島は経済的に大打撃を受けています。

どうか、みなさん応援よろしくお願いします!!

与論島のおいしいもの、かわいいもの、いろんなものが盛りだくさんのネットショップ↓↓

与論マーケットBASE店

与論島はなアンニャー商店

どうか、よろしくお願いします!

与論島での子育て13年、ここでちょっとふりかえり




こんにちは。

はなアンニャー(@hanadeso3)です。

与論島に移住して、結婚して、子どもが生まれて、その子ども、長男息子氏もとうとう中学生になりました。

彼は、ふつうより2ヶ月早く生まれ、1682gという小さな赤ちゃんでしたが、すくすくと成長しまくり、いまや、わたしの身長167cmを抜かしてきそうないきおいので、ちょっとライバル心燃やしてしまっています。

壮絶!?未熟児出産秘話、与論島出産事情とは?

わたしもあと3cm伸びて、170cmにならんかなーと毎日、背伸びをしているところです。

体重だけは、すくすくと伸びていくんですが・・・あ、わたしの成長日記になってしまった。

与論島の出産事情おさらい

さて、

与論島には、定期的に妊婦健診をしに来てくれる医師はいますが、常駐の産婦人科の先生がおらず、子どもが産める助産院もありません。

なので、出産するなら、里帰り出産か、近い沖縄か鹿児島で産むかのどちらかです。

そして、里帰り出産以外の場合は、1ヶ月くらい前からアパートなどを借りて、出産兆候が出るまで待機しておく必要があります。

与論島にマタ旅はつらいよ。産婦人科のない島の出産事情を知っておこう

わたしも最初は、里帰り出産のつもりで、地元で診察も受けていたのですが、切迫早産となり、絶対安静。

沖縄の産婦人科のある病院に入院し、それでももう我慢できんくなったところで、NICUのある総合病院に搬送され、そこでちょっとだけ耐えて、30週で生まれてきました。

まぁ、最初は保育器に入ったり、胃まで管を通されたり、いろんな薬を注射されたり、飲まされたり、と、生まれてすぐから、けっこうがんばってきた息子氏です。

与論島に帰れたのは、生まれてから2ヵ月後の、生まれる予定だった時期でした。

沖縄のNICUに入院している間は、わたしは近くのアパートを借りて、一人暮らし。

毎日、何回も乳をしぼって冷凍し、それを決められた面会時間に病院に持って行くを繰り返しました。

与論島から、近いようで遠い沖縄なので、誰か家族が頻繁に来れるわけでもありません。

沖縄に親戚もいなければ、友達もいませんでした。

そういえば、山口のかーちゃんがいっぺん、お見舞いに来たのかと思いきや、沖縄観光にやってきたのにはさすがだな!!と思いましたけど。

そんな感じで、与論島の出産というのは、わりと孤独との戦いでもあります。

わたしは、息子氏のときも、娘ちゃんのときも、誰も立ち会う人がいませんでした。

あとは、やっぱり、近いといえども、家族と離れて、遠い場所で産むことになるので、とても大変です。

ちなみに、娘ちゃんのときも切迫早産になりました。結局は、耐え抜いて、予定日よりも遅れて生まれてきたんですが。

最初は、自分の生活態度のせいかと思ってましたが、こりゃ体質ですね。

 

与論島教育事情おさらい

最近は、子どもが生まれて、すぐに仕事に復帰する人も多いですが、わたしはきっちり1年間休みました。

その間は家にいたので、大丈夫ですが、仕事が始まれば、保育園にあずけないといけません。

その頃、与論島にはこどもえんが4つありましたので、都会のように待機児童問題などはなく、一緒には住んでいませんが、じじばばも島内にいるので、わりと、子育ては楽にできたのではないかと思います。

たまに、精神不安定になって、発狂することはありましたけど。

大体、これは男の人の態度が悪かった!!と思ってます。本人は気付いていません。

まぁ、今となっては、もういいです。今、ウザイくらい子どもにべたついているので。

息子氏は、未熟児合併症の心配があったので、定期的にしばらく小児科に通いました。

最初のうちは、沖縄の小児科の先生のところに。

落ち着いてくると、月イチで与論島に来てくれる小児科の先生のところに通い、しばらくは合併症予防のための薬を処方されていました。

今は、特に合併症もなく、元気です。

そして、そのまま、小学生となり、ちびっこだった息子氏は、なぜかなぜかの小太り男子に成長していきました。

ほんと、そんなに食べるわけでもないのになぜ、こんなに丸くなってしまったのか・・・・

と、

もんもんとしていたら、小学6年生になったあたりから、急に痩せ始め、シュッと縦にのいる現象が。

いやはや、子どもの成長とはおもしろいものです。

そんなこんなで、息子氏も娘ちゃんも、特に大きな病気もなく、元気に今まで過ごしております。

小学校は、この小さな島内に3つもあり、そして、中学校で3つの小学校の生徒が1つの中学校に集合する仕組みです。←息子氏、イマココ。

わたしとしては、小学生になると、こんなにも親の出番が多いのか!!と、びっくりしています。

なんとなくですが、与論島は親の出番が多い気がします。

 

与論島中学生のはじまりはじまり~

さて、とうとう、未知の世界、中学校生活が始まった我が家。

中学校では、与論島の全13歳が集合するのです。59人しかいません。

小学校では、男子が6人しかいなかったので、これはこれで楽しみです。

正直、いまいち情報がなくて、どんなもんかわかりません。

茶花から、あのぴゃーぬぱんたをえっこら自転車を押して登って行くのは、わたしには無理です。

初めての学ラン。

自転車の後ろにに荷物を巻きつける、わたしもやったことがありません。

部活動、何に入るかめっちゃ悩んでる。

初めてだらけの、中学校生活。

3日目にして、学校から電話が2日連続でかかってきました。

初日は髪型、眉毛を注意され、←とーちゃんの好みのせい

翌日は、書類未提出←これはわたしが悪い

まぁ、初っ端から、問題家族ですが、きっとあっとゆーまに3年間すぎていくはず。

だって、入学式の日、もう卒業式の様子が思い浮かびましたからね。

とりあえず、友達ができて、楽しく学校生活を送ってくれたら、それでいいです。

小学校の6年間を過ごす仲間、

そして、中高の6年間を過ごす仲間、

これから大事な6年間ですよ。

息子氏は、与論高校には行くかどうかは知らんですけどね。

でも、これからもっと活動が自由になり、友達と釣りに行ったりするようになるのでしょう。

自然に囲まれた子育て、というか、子どもの成長はやっぱりいいことです。

そこは与論島での子育ての最大のメリットです。

コロナ禍で、完全引きこもりのときでも、海があったから、子どもたちはストレス溜め込まずにやってこれました。

そこは、本当によかったところです。

コロナでオンラインが拡がったことで、子どもたちの将来の選択肢も増えました。

悪いことばっかりでもなかったですよね。

これからも、理不尽なことがたくさんあると思います。

だんな氏は、『学校は理不尽を学ぶ場所だ』と言っていました。

息子氏には、呪術廻戦のナナミンのセリフ、

「君はいくつか死線を越えてきたが、でもそれで大人になった訳じゃない」
「枕元の抜け毛が増えていたり、お気に入りの惣菜パンがコンビニから姿を消したり。そういう小さな絶望の積み重ねが、人を大人にするのです」

を送ります。完全に自分の好みです。

 

と、ココまでが今までの子育て日記総まとめでした。

子育てマンガは、アイフォンが割れて絵が描けないので、ちょっとさぼってます。

いや、ただ単にさぼってるだけです、ごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

【人見知り与論島全力案内人】 22歳、初めて訪れた与論島に運命を感じて、26歳で山口県から与論島に移住→そのまま、結婚してかーちゃんになっちゃった!! ワイン大好きぴちぴちのアラフォー薬剤師。 与論島の旅行や移住、田舎暮らしについてブログで全力発信中。 ツイッター、インスタグラムもやっています。