はなアンニャー
記事の下に、与論島や地方移住に役立つ情報がまとめてあります。

短期・長期広告掲載も大募集中!!

お問い合わせフォームより、ご連絡お待ちしております。

樽生ビール、与論島餃子、ヨロンアイスクリーム取り扱い業者様は無料で承ります。

イベント情報、求人等の案内告知拡散もお気軽にご相談ください。

与論民俗村で、貴重な黒糖作り体験ができる!芭蕉布は重要無形民俗文化財に。




こんにちは。

はなアンニャー(@hanadeso3)です。

子どもの学校行事で、与論民俗村で昔ながらの黒糖作り体験をしてきました。

与論民俗村については、

与論島の与論民俗村は、PayPayが使えてビックリ仰天!オリジナルお土産も嬉しい!!

に詳しく書いております。

この与論民俗村では、いろいろな与論島の伝統的な暮らしを体験することができます。

のんびりした空間で、最後に出される漬物もおいしい。

菊さんのお話もとても興味深いものばかりです。

与論島のリピーターさんも多いですが、与論民俗村のリピーターさんもとても多いのです。

与論島らしいものもたくさんあるし、お茶や漬物もおいしいし、なんか落ち着く場所でもあるのです。

 

日本の伝統を守り、体験もできる与論民俗村。

与論島にある製糖工場で作られているのは、きびざらです。

最近は、黒糖そのものを作る人はほとんどいません。なので、ここでできる体験はとても貴重なのです。

写真の道具は、サトウキビをしぼる道具です。これを牛がまわして、真ん中の歯車のようなものにはさんで、さとうきびをしぼっていました。

圧搾機という道具です。

この道具を動かすのは、牛も嫌がるほどの重労働だったようです。

この道具も与論民俗村にしかありません。

黒糖作りが与論島で始まったのは、江戸時代。わりと、与論島はおそい始まりだったそうですよ。

この黒糖作り体験ですが、与論町の3つの小学校では授業の一環として毎年行われていて、今回わたしも親子で参加しました。

1日がかりの作業になりますが、やってよかったと思えるとてもいい体験でした。

一般の方も、黒糖作りの体験ができます。

与論民俗村 黒糖作り体験

料金  1名様 3000円 サトウキビ持込の場合は、1名様2500円になります。

時間  4~5時間

最低催行人数  10名

実施期間  12月~3月末

実施できるのは、サトウキビの収穫が行われる期間のみとなりますが、海で泳げる季節でもないので、この黒糖作り体験はとてもおすすめです。

しかし、1人では催行されないので、卒業旅行などの団体さん限定の体験になります。

圧搾機を動かすのは、オトナでも大変です。

同じ時期に与論島に旅するひとなどを募って、島で集合して、一致団結して体験するのもいいかもしれません。

体験は、予約制ですので、事前に予約してください。

与論民俗村 電話番号  0997-97-3092

他の体験については、与論民俗村のホームページをご覧ください。

与論民俗村ホームページ

はなアンニャー
わたしは、草木染体験と芭蕉布コースター織りがやってみたいですな。

サトウキビ植えからキビカリまで全部体験する。

さて、今回の黒糖作りですが、与論町にある3小学校すべてで、授業の一環として行われています。

キビの苗植えから始まり、育てて、収穫も自分でやって、自分たちで収穫したサトウキビを使って黒糖を作るという、1年がかりのビッグプロジェクトなのです!

わたしも、今回、生まれて初めてのきびかりというものをしました。

前の日に、キビを倒してくれていたので、親子でキビをしぼれる状態にしていきました。

専用の鎌で、サトウキビの葉をはがしていきます。

サトウキビは、上のほうはあまり甘くないので、葉っぱの部分は牛などのエサになります。

根元に近いほど、甘みが強く、切り株?からはほんのり、甘い香りもしてきました。

よく見る、噛み付いたら甘い汁が飲めるはずです。

最後はこんな感じになったものを束ねていきます。

ネズミに食べられている箇所もたくさんありました。

次の日に、与論民俗村にサトウキビを持っていき、汁をしぼりました。

はなアンニャー
ぶっちゃけますと、きびかりは自分には向いていないと思いました。きびかりするひと、スゴイ!!!

親子で黒糖作り体験してみました。

写真の道具は、圧搾機と言われるサトウキビを搾る昔ながらの道具です。

牛が引っ張って、上の丸太を回すと、真ん中の歯車が回って、その間にサトウキビをはさんで搾っていきます。

今回は牛はいないので、人間が回しました。一人ではなかなか動きません。

大人でも大変な作業でした。

絞って出てきたきび汁を布でこします。

思ったより、たくさん汁が出るのに驚きました。甘いにおいが広がります。

このきび汁を大きな鍋で煮詰めていきます。こちらも、昔ながらのかまどで煮詰めていきます。

この煮詰めるのにかかる時間が量にもよりますが、4時間~5時間かかります。

煮詰めながら、アクをとったり、薪を追加したりしないといけません。

また、ただ煮詰めるだけではだめで、石灰水をちょいちょい入れないと固まらないのだそうです。

最初は、さらさらの液体でした。

だんだん、泡立ってきて、ドロドロしてきます。

途中途中、飲ませてもらいました。

わたしは、サトウキビジュース大好きなので、美味しくいただいていたんですが、最後のほうは濃厚すぎて、おいしいけどたくさんは飲めなくなりました。

そして、形が作れるくらい固くなってきたら、火からおろして、かき混ぜながら冷やしていきます。

鍋のふちから固まっていくので、それをしゃもじでこさいでいきます。

ほどよく、かたくなってきたら、完全に固まる前にバットに流し込みます。

ちょっとだけ、ピーナッツやくるみと絡めて、子どもたちが大好きなサタ豆も作りました。

これ、めちゃくちゃ美味しかったです!!!

しばらく放置すると、きれいにかたまって黒糖になりました!

できた黒糖は、みんなで仲良く分け合いました。

今回は、けっこうたくさんきび汁がとれたので、黒糖の取り分は多めだったようです。

出来立ての黒糖は本当においしい。

与論島に住んでいるひとでも、今回作った純黒糖はなかなか食べられない貴重なものだそうです。

たしかに、めちゃくちゃおいしかったのは間違いありません。

わたしも、与論島に来てから、おやつに黒糖をたまに食べるようになりましたが、当たり外れがありますね。

食感が違ったりとか。

黒糖はミネラル成分が豊富なおやつです。

お腹が痛いときに食べるとよいとも聞いています。

漁師さんが海に出るとき、必ず黒糖を持って行くんだとか。

 

白砂糖にしてしまうと栄養のほとんどがなくなってしまいますが、黒糖にはたくさんのミネラルやビタミンが含まれていて、

・疲労回復

・ダイエット時の効果促進

・美肌効果

・月経痛・冷え性

などにとてもよい効能があるのです。

黒糖には、カルシウム・マグネシウム・銅・亜鉛・などが含まれているのです。

黒糖は糖なので、カロリーは高めです。

が、黒糖に含まれるフェニルグルコシドという成分が、糖分の九州を抑える働きがあると分かっており、逆にダイエットに効果があることが発見されました。

食べ物から脂肪分を吸収しにくくなり、体脂肪をおさえ、肥満解消につながります。

また、天然のオリゴ糖も含まれるので便秘にも良いとされています。

オリゴ糖には整腸作用があります。

また、コレステロール値を下げるオフタコサノールという成分も含まれています。

こんなに体にいいことずくめの黒糖ではありますが、食べすぎはやっぱりNG。

なんでも、摂りかたによって、薬にも毒にもなるのです。

黒糖は、油をたくさん使う料理に使うのがおすすめです。

 

黒糖は、島の暮らしに欠かせないものなのです。

そんな黒糖作りが、サトウキビから育てることができたことは、子供たちにとっても、大人にとってもとてもいい経験になりました。

与論島に移住していなかったらできない経験でもあったと思うし、こういった授業はいつまでも続いてほしいですね。

菊千代さんの芭蕉布が重要無形民俗文化財に指定に。

さて、黒糖作りとは違いますが、与論民俗村では芭蕉布織り体験もできます。

このたび、『与論島の芭蕉布製造技術』が国の重要無形民俗文化財に指定されることになりました。

与論島では、他に『与論十五夜踊り』も指定されています。

芭蕉布は、イトバショウという植物の繊維を原材料とした織物のことで、風通しがよく軽くてさらっとした肌触りで、暑い与論島で適した着物として愛用されていました。

与論島では、この芭蕉布製造を繊維から糸を作り織り上げるまでをすべて手作業でされています。使う道具も伝統的な昔ながらのものを使います。

そして、この工程で芭蕉布を作っているのは、この与論民俗村の菊千代さんと友子さんだけなのです。

わたしが与論民俗村に行ったときは、地域おこし協力隊の方が、芭蕉の繊維から糸を作るのを教えてもらっていました。

いつまでもなくなることなく、継承されていってほしい伝統ですね。

与論島に来たら、ぜひ芭蕉布織り体験もおすすめです。

芭蕉布コースター織り体験

自分で糸芭蕉の繊維を裂いて糸を作り、コースターを織り上げて持って帰ることができる体験

料金  2500円

時間  約2時間

体験可能人数  1~2人

完全予約制

このほかにも、草木染、木枕作り、玩具作りなどの体験もできます。

もう、全部やっちゃいたくなりますよー!!!

 

与論民俗村

住所  鹿児島県大島郡与論町東区693-2

入場料  大人(中学生以上)  400円

小学生  200円

営業時間  9:00~18:00

定休日   不定休

駐車場  あり

電話番号   0997-97-2934

公式サイト  与論民俗村ホームページ

売店はPayPay使えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

はなアンニャー
与論島でもクレジットカードが使えるお店が増加中

オーシャンマーケットでは、クレジットカードは勿論、電子マネー、今話題のPayPay決済も可能です。

 

楽天カードなら入会金、年会費すべて無料!!5000円分のお買い物ができる特典つき!!もちろん、オーシャンマーケットでも5000円分買い物できます。

オーシャンマーケットで貯めたポイントを使って楽天市場でお買い物もできます。

『使って貯まる』『たまったら使う』をぜひ、おぼえてください。
申し込みはこちらから。超超長お得で簡単。マジでがっつり。



楽天カードをお持ちなら、こちらから旅行予約が大変お得で便利。

楽天ポイントも使えますし、ポイントもがっつり貯まります。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

もうひとつ、与論島で便利なクレジットカードを紹介します。与論島のたびんちゅ妻、移住者の必須クレジットカードといえば、JALカード。

入会費、年会費無料。JALマイルがぐんぐん貯まる!オーシャンマーケットのお買い物でも貯まります。

 

JALグループ国内線、国際線航空券に交換する時には、『JALカード割引き』JALの国内線チケット購入でも割引運賃を活用することができます。

申し込みは簡単!!コチラから。


あなたが、JALカードをお持ちのマイラーなら、こちらから旅行予約が大変便利でお得!

マイルも使えるし、マイルを貯めることもできます。



買い物しても、知らぬ間にドンドン、マイルが貯まりビックリしますよ!!

ナイショですが、居酒屋さんなどのお店やさんは、仕入れ等で使うと恐ろしくポイントが貯まる!!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

【人見知り与論島全力案内人】 22歳、初めて訪れた与論島に運命を感じて、26歳で山口県から与論島に移住→そのまま、結婚してかーちゃんになっちゃった!! ワイン大好きぴちぴちのアラフォー薬剤師。 与論島の旅行や移住、田舎暮らしについてブログで全力発信中。 ツイッター、インスタグラムもやっています。