与論島、ミジラシャンは豊富なメニューと圧倒的ボリュームが魅力の家族旅行に嬉しいカフェ!!

こんにちは。

はなアンニャー(@hanadeso3)です。

あまり、外食はしない性質だったのですが、最近は与論島に遊びに来てくれるひとと一緒にランチをすることが増えて来ました。

与論島は『ランチ難民』という言葉が言われるほど、ランチする場所が見つからないときがあります。

タイムリーに、本日、事前調査によると、ほとんどのランチをやっているお店がお休み・・・・

ここは開いているだろう、と期待を込めて行った、閉まっているのをほとんど見たことがないお店までもがお休み・・・・

まじかー!!!!と、見事、『ランチ難民』となった次第であります。

後で聞いた話によると、その日は午前中は島でいちばん大きいこどもえんの運動会、午後は福祉の運動会だったとのこと。

与論島は家族の行事を大事にするので、行事ごととかぶると、お店がお休みになっちゃうので要注意です。

特にお子さんがいるお店は、子どもさんの行事最優先になります。

田舎アルアルですけど、本来ならば、日本全体、こうなってほしいものです。

 

そんな『与論島ランチ難民問題』に朗報です。

このたび、今まで行ったことなかったお店に行ってみたらば、

☆ものすごい豊富なメニュー

☆ものすごいボリューム

という、理想のお店だったので、お知らせします。

今回、ご紹介する、初潜入のお店は、『ミジラシャン』

ランチだけでなく、夜もお店やってますので、ぜひ。

 

スポンサーリンク

与論島で一度は前を通ったことがあるお店、みじらしゃん

ミジラシャンは与論島の中央を走る道路の途中にふっとあるお店。

与論島に来たことがあるひとは、1回は必ず、ミジラシャンの前を通ったことがあるはずです。

隠れ家的でもなく、わかりやすいお店です。

与論島のお店って、居酒屋さんはメニューがけっこう多いですが、カフェや定食屋さんなどは、そんなにメニューが多くないんです。

定番のメニューが何種類かあって、たまに、日替わり的な。

だから、まぁ、毎度、同じメニューを注文したりしちゃってますね。

ところがどっこい。

ミジラシャンでまずビックリしたのは、そのメニューの多さです。

夜になると、おつまみも注文できるようになります。

お酒の種類も豊富。

カウンターには、たくさんお酒の銘柄が並んでいます。

こちらで、お店をやられている方は、何年か前に、『島の味八郎』の跡地で、期間限定のカフェをやられていた方でした。

与論島、HERMIT CRAB CAFEに行ってみた!!

現在は、こちらのカフェはされていませんが、とてもおいしかった記憶があります。

そちらは今、シマホテルというホテルになっています。

与論島民だけど一度は泊まってみたい!SHIMA HOTELシマホテルさんの見学に行って来ました

 

与論島、ミジラシャンはボリュームがすごい!!

 

さて、実際の料理ですが・・・

実はわたし、この日はアイスコーヒーしか飲んでおりません。晩御飯は家で済ませておりました。

ココには、ふつうのアイスコーヒーのほかに、ベトナムコーヒーという聞き慣れないコーヒーもメニューにありました。

少し、甘いとのことでふつうのアイスコーヒーにしましたが、興味のある方は、ぜひ。

はなアンニャー
ベトナムコーヒーとは、ベトナムの伝統的なコーヒーの淹れ方。フランス式のフィルターで抽出し、コンデンスミルクを入れて飲むのが一般的なコーヒーです。

が、一緒に行ったひとがお腹が減ったとのことで、急遽みじらしゃんに行くことになったのです。

あまりにもメニューが多いので、店員さんにおすすめはどれかと聞いてみると、

『ミックスカツが人気です』

あまり食べられないかもしれないので、ボリュームの小さいメニューを聞くと、

『うちのはどれもボリュームがあります』

はなアンニャー
どの料理もボリュームがあるので、めっちゃお腹が減ってるときに行くとグッドですな!!

で、友達が注文したのは、ロコモコ丼。

分かりにくいかもしれませんが、でっかいハンバーグの横に巨大な鶏のから揚げが2個も乗っていて、ご飯は大盛りです。

結局、お友達はお腹が減っていたにも関わらず、全部食べきれませんでした。

女性には、ちょっと多いかなーといった感じ。

男性にはちょうどいいかもしれません。

店員さんいわく、全部のメニューがボリューム満点ですので、お腹を減らしていきましょう。

この後、ランチにも行ってみました。

揚げ物メニューが豊富で、かなりボリュームがすごかったです。

ステーキカツが分厚いのに、やわらかでジューシー。定食には、ご飯と味噌汁がついてきます。

豚骨味のもずくそば、という今までにないメニューも。

みんな、おなかいっぱいになって満足でした。

日曜日は、ほとんどのカフェが閉まっていて、ランチする場所を探すのがとても大変ななか、ミジラシャンさんは開いていて、お店もいっぱいでした。

最近は、大食いチャレンジなどのイベントもあるので、おもしろいです。

 

ミジラシャンは昼の部と夜の部、2回に分かれてオープンします。

与論島では珍しくない、お店のスタイル。

ランチタイムに営業し、しばらくお休みして、夕方からまたお店が開きます。

海岸通りさんもこんな時間割です。

はなアンニャー
 なので、おやつが食べたい時間に開いているお店を探すのも、与論島はけっこう苦労するんです。結局、お店でアイスとコーヒーを買ったりすることになります・・・

道路を通るときに、オープンしているかどうか確認できるのが嬉しいです。

静かな雰囲気ですが、テレビもあるので、アットホームな感じで過ごすことができます。

島の常連さんもいるようで、出会えたら、話がはずんじゃうかも!?

ミジラシャン 基本情報

所在地  鹿児島県大島郡与論町茶花309-5

茶花市街から徒歩10分。茶花小学校の前を通り、南に200メートルほど。

電話番号  0997-97-2262

営業時間  11:00~15:00  17:00~23:00

土曜日日曜日祝日のみ、11:00~23:00

定休日  水曜日

駐車場 あり

個室はありません。

雰囲気的には、おしゃれなカフェです。

常連の島外から来られたお客様がお店で、描かれたお皿が飾ってありました。

かわいいです。世界でひとつだけのお皿です。

 

茶花の銀座通りなどの中心街からはちょっと離れているので、今まで行くことがなかったのですが、

これはいいお店を発見した!!

と思いました。

ランチのお店の選択肢が増えたのは、とても嬉しいです。

はなアンニャー
わたしは、こう見えて??かなりの大食いなので、このボリュームのお店は嬉しいです。

 

ミジラシャンは、子連れのひとも満足できるお店

 

ミジラシャンは、子供が好きそうなメニューが多いので、子供を連れていっても、満足まちがいなし!!

また、テレビがあるのも子供が静かにしておくには欠かせません。

家では、テレビを見ながら食事はダメーとか言いますが(うちは思いきり、テレビ見ながら食べてますけど)、外食のとき、テレビがあるのは助かります。

そういえば、息子の友達の子が頻繁にミジラシャンに行っている。という話をしたのを思い出しました。

その子供さんも、ミジラシャンが大好きだそうですよ。

これからは、けっこう使わせていただくことになりそうなお店です。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

【人見知り与論島全力案内人】 22歳、初めて訪れた与論島に運命を感じて、26歳で山口県から与論島に移住→そのまま、結婚してかーちゃんになっちゃった!! ワイン大好きぴちぴちのアラフォー薬剤師。 与論島の旅行や移住、田舎暮らしについてブログで全力発信中。 ツイッター、インスタグラムもやっています。