与論島の夏休み。かあちゃんの夏休み。楽がしたい夏休み。

こんにちは。

はなアンニャー(@hanadeso3)です。

毎年、夏休みが始まる前は、ソワソワしますが、いつもあっとゆーまに終わってしまってる感じがします。

2019年の夏休みの終わり、子供たちは旅行に行ってしまいまして、静かな日々を過ごしております。

そんなときに話題になったのが、春日部駅に貼られているというクレヨンしんちゃんのポスターのお話。

「かあちゃんの夏休みはいつなんだろう」 春日部駅の「クレしん」コラボポスターに大反響

 

かあちゃんの夏休みはいつなんだろう。

 

こちら、長年のテーマです。

わたしが、夏休みに入る前にソワソワし始めたのは、いつもより忙しくなることが想像できたからですから!

昼ごはんも子供分も作らないといけないし、洗濯物も増える。

ひまそうにしていたら、どっかに連れて行かないといけないし。

でも、与論島って公園もないし、暑いし、旅行に行くには島から出ないといけないし、ですよ。

一番めんどくさいのは、やっぱ食事かなー?3食つくるのは、ほんと大変。大人だけならどーでもいいのに。

うちは宿題には完全ノータッチですが、毎年娘さんがやらないから、最終日夜遅くまで泣きながら宿題をしてるのを横でイライラしながら見てます。

夏休みは、かあちゃんにとっては、休みでもなんでもないんですよねー。

 

かぁちゃんの夏休みはいつなんだろう。

 

このクレヨンしんちゃんのポスターは、Oisix(おいしっくす)さんという会社の広告です。

有機野菜や無添加食品などを宅配してくれるサービスが人気の会社です。

買い物に行けない働くお母さんや、子育てが忙しくて外に出られないお母さんには嬉しいサービスですね。

だから、夏休みのお母さんの気持ちもよくわかるのかもしれません。

オーシャンマーケットやってなかったら、絶対この宅配サービス利用してます。

今回、話題になったキャッチコピーは3つ。

・かあちゃん、楽しい夏休みをありがとう。

・かぁちゃんの夏休みはいつなんだろう。

・かあちゃんがもっと楽しく過ごせたら夏休みはもっと楽しい。

はなアンニャー
・・・・・・・
はなアンニャー
こんなん、子供に言われたら泣いてまうやろー!!!!

いやいや、確かに大変だったけど、もう小学生になって、家でお留守番もできるようになったし、

それに、いつもより子供たちと過ごす時間が多くて、そりゃー腹立つこともたくさんありましたけど、楽しかったですよ!!

だから、たしかに夏休みはめんどくさいなーとか、思ってるんですが、もうあきらめているとゆーか、自分が子供の頃だって、夏休みはあったわけだし。

でも、子供さんから、しれっと、こーゆー言葉をかけれると、お母さんはうるっとしてしまうわけでうす。

これは、クレヨンしんちゃんを使ったことが勝因?かと思います。



子供がいない夏休みはどうよ?

 

今、子供たちは鹿児島に旅行中。

もうひたすらに、

はなアンニャー
さみしいです!!!

夜は、だんなは仕事に行ってしまうんですが、だんながいてもいなくても、子供がいないのはさみしいのです。

去年も、子供たちだけ奄美大島に旅行に行ったんですが、同じ気持ちでしたねー。

だから、つまり、かーちゃんは

子供たちがいたら、なんだかんだで夏休みは楽しいんじゃないかと。

子供らがいなかったら、味咲にかき氷もそんな頻繁に食べに行ってないし、海だって泳ぎに行かないし。

かーちゃんは子供らがおるから、便乗して遊ばせてもろうております。

願わくば、自分でご飯を作れるようになってくれるとなおありがたい。

はなアンニャー
あれ?そういえば、弁当を作る宿題があると言っていたような・・・

 

って、子供たちありがとう!

みたいなこと、書いてますけど、

子供ら抜きで、お店に飲みに行くのを楽しみにしておる、かあちゃんです。

日ごろは、どこに行くにも必ずついてきますからな。

それに、

帰ってきたら、絶対宿題に追われて泣いているのが目に見えているので、また怒ってしまうんでしょうな。

宿題やってないのが腹立つんじゃなくて、やらんならやらなきゃいいのに、直前になって本気出して泣くのがいやなんですー。

 

はなアンニャー
はやく、帰ってきてーーーーーーー!!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

【人見知り与論島全力案内人】 22歳、初めて訪れた与論島に運命を感じて、26歳で山口県から与論島に移住→そのまま、結婚してかーちゃんになっちゃった!! ワイン大好きぴちぴちのアラフォー薬剤師。 与論島の旅行や移住、田舎暮らしについてブログで全力発信中。 ツイッター、インスタグラムもやっています。