与論島に移住後アマゾンプライムビデオで初鑑賞。映画『めがね』と名女優ケンとの思い出

与論島ビレッジの看板娘犬である、ケンが亡くなったと聞いてかなりのショックを受けております。

最近、ヨロン島ビレッジについての記事を書いたばっかりで、「ケンにいつまでも元気でいてほしい」って書いたところです。

最後に会ったのは、いつだったかなぁ・・・?

去年は、よろんマルシェやアズールカフェに行ったり、友達も来たりして、例年よりも与論島ビレッジに行く機会が多かった気がします。その分、いつもよりケンに会う機会も多かったんですね。なんも考えてなかったなぁ・・・ケンは、そこにいるのが当たり前だったもので。

 

与論島ビレッジのケンといえば、わたしが与論島を初めて訪れたときから、与論島ビレッジにいる番人的存在です。

どんなに犬が苦手なひとでもケンなら大丈夫な人も多かったのではないでしょうか??

ウチの息子も犬は大の苦手ですが、ケンとケンの子供であるチャスケだけは大丈夫だと言っていました。不思議なものです・・・・

とても優しくて、とてもかしこいケンでした。

もう15歳以上になると思うので、人間でいえば、もうおばあちゃんです。孫もいっぱいいたみたいだし。

 

今日は、ケンを偲んで、10年ぶりに『めがね』を見てみることにしました。

子供たちもじーちゃんちに泊まりに行き、だんなさんもサッカーに行き、

家でひとり、『めがね』を、ケンを思い出してみました。

しみじみと・・・・

 

映画『めがね』と女優ケンの思い出

 

わたしが与論島に移住してきたとき、ちょうど与論島ビレッジで映画『めがね』の撮影が始まろうとしているところでした。見ると、撮影は2007年となっていたので、ほぼ10年前です。

まだ結婚もしてなければ、それどころかだんなさんの存在も知らない時期です。

 

初めて『めがね』を観たのも、ほぼ10年前ってことですかね。DVDで観ました。実は正直、内容はさっぱり忘れていた・・・というか、内容というより雰囲気の映画のような気がします。

 

この『めがね』を観て、与論島を訪れたひともたくさんいたと思います。

これを見て、与論島に来るのもいいよね。予習大事。

その『めがね』にケンは女の子なのに、なぜかコージという役。毎度このケン演じるコージが、いいところで登場してくるんです!!

まさに、名演技!!!

本当に賢い子だったんだなぁと感心してしまいました。

最近会ったときも、すごいやせてるし、寝てばっかりだなぁ・・・と思っていましたが、『めがね』を観ると、若かりし頃のケンは当たり前ですが、体つきもふっくらしていて若々しくて、とても元気そうでした。

あの頃から時がたったことをものすごく感じました。

わたしも10歳、歳とったんですねぇ・・・

 

『めがね』を観て、与論島を思い浮かべる

 

映画を観ていると、あの頃はどこの景色かまったく分からなかっただろう場所も、今ではだいぶ分かるようになりました。

あれから、変わったところもあると思います。

与論島のことを知っているひとは、

「あの場面はあそこだ!!」と思い浮かべながら観ると、おもしろいと思います。

まるで、与論島のプロモーションビデオみたい。海も空も、夕日も全部、与論島のいいところが詰まっている。

 

 

正直、内容はなんと説明したらいいのかわかりません。

 

なにもないことの、意味。

 

なんの説明もなく、みてほしい『めがね』

 

 

 

内容は、説明できないので、私が好きなセリフをぽろっとご紹介します。

 

「才能ありますよ、ここにいる才能」

 

この言葉がすごい好きです。

ケンには、与論島にいる才能があふれていたみたいですね。

 

ここにいていいんだよって言われているみたいで、すごい嬉しい言葉です。

なんにもない場所で、ただ黄昏て、自分を見つける才能。

 

わたしにも、与論島で暮らす才能あるでしょうか??

自分を見つけることができてるんでしょうか???

 

わたしも、いい黄昏のできる大人になりたいです。

 

 

「旅は思いつきで始まりますが、必ず終わりがあります」

 

ほんとうに、旅は、人生は思いつきでしか始まらないんです。

私が与論島に来たのも、正直思いつきからです。だけど、思いつくだけでも実は幸せなことだと思います。

 

だけど、今も旅の途中です。まだまだ終わりではないと思って、いろんなことにチャレンジしている最中です。

でも、必ず終わりがあることを理解しておく事は、とても大切だと思うのです、が、そのことに気づくのはいつも、終わりが来てからだったりする。

大事なものはなくしてから気づく・・・じゃないですが、終わりを知る事は、実は始めるより重要かもしれません。

 

『めがね』でケンに会いたい

 

『めがね』のロケ地めぐりも、実際に映画を観て来るのと、知らずに来るのとでおもしろさがだいぶちがうと思います。

ケンのファンのひとも、

もう一度、いや何回でも『めがね』でケンに会えます。

 

 

みんなに、優しくて、賢い、かわいいケン、本当にありがとうございました。

ゆっくり、お休みしてくださいね。

 

お疲れさまでした。

 

 

 

 

 

 

今回は、アマゾンプライムビデオで動画をレンタルしてみましたが、永久保存版でDVDも欲しいなってすごい思いました。

アマゾンプライムビデオは、無料で見れるアニメもたくさんあるので、子育て中には大変助かっています。

アマゾンプライム会員になると、お買い物もお得です

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

【人見知り与論島全力案内人】 22歳、初めて訪れた与論島に運命を感じて、26歳で山口県から与論島に移住→そのまま、結婚してかーちゃんになっちゃった!! ワイン大好きぴちぴちのアラフォー薬剤師。 与論島の旅行や移住、田舎暮らしについてブログで全力発信中。 ツイッター、インスタグラムもやっています。