はなアンニャー
記事の下に、与論島や地方移住に役立つ情報がまとめてあります。

短期・長期広告掲載も大募集中!!

お問い合わせフォームより、ご連絡お待ちしております。

樽生ビール、与論島餃子、ヨロンアイスクリーム取り扱い業者様は無料で承ります。

イベント情報、求人等の案内告知拡散もお気軽にご相談ください。

与論島、空き家を探す方法を教えます。




はなアンニャー
与論島、はっきり言ってお家探すのが大変です( ;`Д´)

 

さて、覚悟と勇気が持てたら早速、移住。といきたいところですが、与論島はなかなかお家を探すのが難しい。

他の島はわかりませんが、与論島はなかなか住むところが見つかりません。

空き家であっても、その家にはご先祖様がいるから人には貸せないとか言われるんですよ。

あと、移住希望者が多いわりに、他の島とくらべてアパート的なものが少ないのではないかと思うのですが、どうでしょう?

 

わたしが、移住してきたときはわりと移住者は一軒家を借りている人が多かったのですが、最近はほんとに空き家の話を聞かなくなりました。

では、どうやって探したらいいでしょう?

 

スポンサーリンク

与論島お家の探し方~はなアンニャー編~

 

わたしの場合は、前回も書きましたが、友達が見つけてきてくれました。

わたしは、移住するまでの4年間、年に3回は、与論島に通いつめました。

その間にできた与論島の友達が、空き家と、さらに仕事まで見つけてきてくれました。

わたしが、遊びに行くたびに、「与論島に移住したい」と話していたので、探してくれたみたいです。

おかげさまで、自分も安心して、家族も安心させて移住することができたので、とても感謝しています。

 

やっぱり、新たな土地に住むときは、お家だけは確保しておくと安心感が違います。先日、ホテルなどで、住み込みで働きながら・・・と、いうお家の探し方もありだと書きましたが、移住する前にお家があると楽チンです。

 

さて、与論島でお家を探すコツ。

 

それは、ずばり、コネです(*´∀`)♪

 

不動産やさんもありますが、そこでも、なかなか見つからないのが現状みたいです。

でも、そこで空き家があったら教えてもらえるように頼んでいたら、運良く空き家が見つかったときに教えてもらえるので、利用しない手はないです。

今の家は、そうやって見つけてもらいました。

 

友達をたくさん作ったり、不動産やさんに登録したり、あらゆるところにアンテナを張り巡らせておくと見つかりやすいです。

そのためには、やっぱり移住する前に通いつめるのはオススメですね。

通ってみると、与論島のいろんなところが見えてくるはず。いいところばっかりじゃなく、悪いところもね(*´∀`)

 

また、今年から『与論町空き家バンク制度』というありがたい制度が始まってるみたいなので、そちらを利用してみるのもいいですね与論町役場に行ってみよう

 

はなアンニャーの住宅事情をこっそり教えちゃいます。

 

わたしは、最初に住んだ家は直接、大家さんと契約しました。敷金礼金はなかったと思います。家賃は月30000円。

新築だったし、まだ子どももいなかったので、壊したりすることなく、特に問題なく暮らして、問題なく家を出ることができました。大家さんは、おばあちゃんだったんですが、おかずを分けてもらったり家族のようにお世話になりました。

 

次に住んだのは、アパート。家賃は月35000円。敷金礼金あり。

敷金礼金はかかりましたが、壊れたらアパートの管理人さんに言えば修理してもらえたり、改善してもらえました。

3階に住んでいたんですが、窓からハヤブサが入ってきたことがあります(゚∀゚ )コワカッタ。

じつは、こっそり犬やらヒヨコやらを飼ったりしてました。すみません。

 

で、現在は不動産さんやさんに教えてもらった一軒家に住んでます。

月35000円。敷金礼金あり。

不動産やさんに仲介してもらうと、なにか壊れたりしたら敷金から修理してもらえます。

うちは、屋根に穴があいたり、柱がボロボロになったり、下水が詰まったり、テレビのアンテナがふっとんでテレビがうつらなくなったり、けっこうなトラブルハウスなんですが、不動産やさんがいてくれたので、すぐ対応してもらえました。

 

また、大家さんもとても良い方なんです。(会ったことない、与論島外に住んでるらしい)

わたしが、めんどくさいから家賃は自動引き落としにしてたんですが、ある日、不動産やさんに「家賃が半年くらい支払われてないって、大家さんから連絡きたよ」と言われ、大慌てで調べたら、自動引き落としにしてる期間が終わってて、半年くらい家賃未納になってたんです。

どっひゃーと、あせって、慌てて大家さんに直接電話したら、めっちゃいい人で、半年分まとめてはキツイだろうから、少しずつでいいよと優しいお言葉をいただきました(ToT)

なんて、イイ人。

けっこう大家さんの優しさ重要です。

大家さん次第では、修理代全額負担もあるらしいです。

 

それなのに、わたしったら、7年間住んで、同じ過ちを二回繰り返すという馬鹿者ぶりを発揮してしまいました。

ほんとにごめんなさい。

 

あと、もう一個あやまっておくと、

障子は、障子紙どころか、格子も折れてます。誰かが登ろうとして折りました。

ふすまには、ビッシリ落書きが書いてあります。

トイレの壁には穴が開いています。わたしがやりました。

 

網戸はボロボロに、柱も羽ありに食われ、お風呂もボロボロにしてしまいました。

玄関の鏡も外れました。玄関の電気はなぜか、つかなくなりました。

 

う、一個どころじゃない。敷金だけでは、足りる気がしない( ゚□゚)

家から出るとき、必死であやまります。

ごめんなさい。

 

それでもやっぱり、与論島で暮らしたい

 

与論島で、お家を探すのは大変ですが、社員寮的なものがある職場もぼちぼちあります。最初はそこに住みながら、他に住み良い物件を探すのもよいと思います。

なんだかんだいっても、みんなどこかに住んでるんですよね。

 

なぜか、わたし、いろんな人に空き家知らないか?とよく聞かれるんです。

なんか、空き家情報を握っているひとだと思われてるみたいですが、さっぱりわからんですよ?興味はありますけど。

聞かれたら、ボチボチ探してみますけど。探偵業みたいな感じで楽しいので(゚∀゚ )

 

でも、移住する前に、何度か下調べがてらの家探し、職探しはぜひやるべきだと思いますよ。それも覚悟のひとつです。何もしないで、なにかが見つかるはずはない。

 

運がよければ、公営住宅に空きが出ることもあるかもしれません。

 

さぁ、前に進みたいなら

行動あるのみヾ(*゚∀゚*)ノ

 

移住する覚悟と、家探し、どっちが難しいか??

 

スポンサーリンク

はなアンニャー
与論島でもクレジットカードが使えるお店が増加中

オーシャンマーケットでは、クレジットカードは勿論、電子マネー、今話題のPayPay決済も可能です。

 

楽天カードなら入会金、年会費すべて無料!!5000円分のお買い物ができる特典つき!!もちろん、オーシャンマーケットでも5000円分買い物できます。

オーシャンマーケットで貯めたポイントを使って楽天市場でお買い物もできます。

『使って貯まる』『たまったら使う』をぜひ、おぼえてください。
申し込みはこちらから。超超長お得で簡単。マジでがっつり。



楽天カードをお持ちなら、こちらから旅行予約が大変お得で便利。

楽天ポイントも使えますし、ポイントもがっつり貯まります。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

もうひとつ、与論島で便利なクレジットカードを紹介します。与論島のたびんちゅ妻、移住者の必須クレジットカードといえば、JALカード。

入会費、年会費無料。JALマイルがぐんぐん貯まる!オーシャンマーケットのお買い物でも貯まります。

 

JALグループ国内線、国際線航空券に交換する時には、『JALカード割引き』JALの国内線チケット購入でも割引運賃を活用することができます。

申し込みは簡単!!コチラから。


あなたが、JALカードをお持ちのマイラーなら、こちらから旅行予約が大変便利でお得!

マイルも使えるし、マイルを貯めることもできます。



買い物しても、知らぬ間にドンドン、マイルが貯まりビックリしますよ!!

ナイショですが、居酒屋さんなどのお店やさんは、仕入れ等で使うと恐ろしくポイントが貯まる!!

2 件のコメント

  • 現在はオ一ストラリアに、長年暮らして居りますが、昔八重山の石垣に暮らして居りました。ヨロンも、奄美の美しい島々も、乱開発により、心の豊かさを失うことなく、発展してほしいものです。ヨロンにはあまりブツケン、土地もないので、とりあえず奄美大島に移り住み、何か事業を始めたいと考えております。

    • こんにちは。コメントありがとうございます!
      オーストラリアに石垣島、いいですねぇ。
      たしかに、与論島は移住希望者が多いのにもかかわらず、家がないのが大問題です。
      が、自然はこのままであってほしいです。
      奄美大島にお住みの際は
      ぜひ、与論島にも遊びに来てくださいねヽ(*´∀`)ノ♪

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    【人見知り与論島全力案内人】 22歳、初めて訪れた与論島に運命を感じて、26歳で山口県から与論島に移住→そのまま、結婚してかーちゃんになっちゃった!! ワイン大好きぴちぴちのアラフォー薬剤師。 与論島の旅行や移住、田舎暮らしについてブログで全力発信中。 ツイッター、インスタグラムもやっています。