与論島 虫嫌いはご用心‼️

こんにちは。

はなアンニャー(@hanadeso3)です。

与論島に移住を考える人が、けっこう気にするのが与論島の虫事情です。

いますよ、虫。

たっくさん。

それどころか、普通よりデカイ。

 

虫嫌いな女子、だけでなく最近は男子も虫がムリって人がたくさんいるようですね。

わたしは、元々、虫なんかいっさい怖くないので気にならなかったんですが、まわりを見渡すと虫を見かけるたびに叫んでるひとがいっぱいいます。

心のなかでは、

はなアンニャー
虫から見たら、オメーらのほうがよっぽど怖いんだよ( ´△`)

と思いながらも、虫を退治しますけどね。人それぞれ、好き嫌いはあるのでしかたないです。

虫嫌いは、与論島は大変です。

 

与論島は暑くなると虫が出てきます

 

夏は虫さんたちがわしゃわしゃと出てきます。

去年はゴキブリの数がすごかった。今はアリンコが冬の準備の真っ最中。

昔、めちゃくちゃ虫大キライ男子が、仕事で与論島に来ていたんですが、その人は北海道のひとで今までゴキブリを見たことなかったらしい。

なんと、北海道にはゴキブリはいないのだそう。

与論島に来て、初めてゴキブリさんに出くわしたときは発狂していらっしゃいました。

しかも、滞在中ずっと出会わなかったのに、最後の最後に出会ってしまったようである。与論島で運命の出会いってやつでしたね。出会わなければ一生ふたりは出会えなかったかもしれない。

他にも虫嫌いな人はたくさんいて、いろんなところからきゃーきゃー聞こえます。

女の子ですねぇ。

我が家では、虫退治はわたしの仕事なんです。

だんなは、蛾が大嫌いでそれを退治するのも嫁の仕事なのです。

他にも、クモにムカデに、おしりがわかれたへんな虫、タイワンカブトにアフリカマイマイ(虫じゃないかも)、本州では見たことないやつもわんさかいます。

はなアンニャー
アフリカマイマイはただのカタツムリじゃないよ!さわると毒があるよ!!!

 

与論島の虫のなかにはさわると危険なものも・・・

 

こないだ、家のなかに黒いハチが入ってきたんです。子どもたちが逃げまくるので、退治してやろうと思って、その辺にあった漫画でたたいたけど逃げられて、カーテンの後ろに入っちゃったんです。

なんかカーテンあるし、いっかなと思って素手でカーテン越しにたたいたら、ハチに刺されました。けっこう痛かったです。

軽く見たら、ケガします。

他にも害を及ぼす虫がいっぱいいます。

イヌガってやつがいるんですが、たぶん与論語でイヌガだと思うんです。見た目はオケラにしか見えないんですけど、与論島ではイヌガにかまれたら(さされたら?)、大変なことになる(ネットで調べたら放送禁止用語って書いてたので自粛します)という言い伝えがあるそうです。

だから、イヌガを見たら、すぐ踏むようにと教えられました。

けっこう、コンクリートの建物でよく見かけます。

ムカデにもかまれても、同じようになると言われたんだけど、昔、実家でめっちゃかまれて痛かったけど、ほったらかしてました。大丈夫でしたよ?アレルギーとかあったら、けっこうヒドイことになるかもしれませんけど。

と、こんなかんじで与論島自体、虫に対して思い込みがありそうです。

 

与論島に住めば、慣れます

 

昔はちょっとでも虫と遭遇するとキャーっと叫んでいたひとも、何年かすると虫がいても

フン。

てな、かんじになってます。昔のアンタなんだったの?可愛い子ぶりっこか?モテテクってやつだったのか??と思うくらいの変わりよう。

慣れって怖いです。

さすがにゴキブリさんには慣れないひとがたくさんいますが、ゴキブリがいるのは与論島だけじゃないし。ゴキブリのあの異様な黒光りは腹立つし。

 

人間にとって住み心地がいいのは、虫にとっても同じこと。

仲良く、一緒に暮らすしかないです。

 

本日の話は、えらいマニアックな虫話で、虫嫌いさんにはごめんなさい。

でも、虫はいっぱいいるんで最初のうちは虫嫌いさんにはキツイと思われる与論島です。わたしは別に虫なんか気にならないから、うまく伝えられてないかもです。

でも、ほんとみんな最後には慣れます。大丈夫!

どっちかちゅーと、ちっさい虫より、人間の姿をした悪い虫の方が怖いですよ?

なーんてね。

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

【人見知り与論島全力案内人】 22歳、初めて訪れた与論島に運命を感じて、26歳で山口県から与論島に移住→そのまま、結婚してかーちゃんになっちゃった!! ワイン大好きぴちぴちのアラフォー薬剤師。 与論島の旅行や移住、田舎暮らしについてブログで全力発信中。 ツイッター、インスタグラムもやっています。