与論島の冬の正しい過ごし方、ただ海を眺めるだけで癒し効果抜群!

ほんとうにのんびり、のどかな与論島に暮らすはなアンニャーです。

まだ2月。

寒くもなく、暑くもなく、じつは今から夏になるまでが一番過ごしやすい陽気の与論島です。

 

子どもたちが、新しくできた多目的運動場の落成式に行ってしまったので、待ってる間、かーちゃんは与論島をうろつくことにしました。

はぁ~、ええ天気やなぁ~。

風も気持ちええぞ~。

昇龍橋の黄金の牛さんの隣に車を停めて、いつも何にも考えてないのに、さらになんも考えず、ボーッとする日をやってみました。

音は、鳥と牛の鳴き声。

遠くからキビ刈りしてる話し声。

たまにしか通らない車の音。

あとは、なーんも音がしない・・・

ついでに、クジラも探してみたけれど・・・・・?

 



与論島、今日の百合が浜

 

昇龍橋に来るまでに、ちょいと大金久海岸に寄り道してきました。

遠くから見たら、ものすごい潮がひいていたので。

ここから見ても、百合が浜がよく見えます。

百合が浜の前に、おばちゃんたちとおしゃべり。

いつも、コーヒーと黒糖をくれます。

最近は、あまりお客さんがいないらしい。

こんなに、いい天気で気持ちがいいのにもったいない

今なら、百合が浜独り占めてきます( ´∀` )b

天気によって、色が変わる与論島の海です。

一眼レフじゃなくて、スマホで撮りましたが青だらけ。

ますます、一眼レフほしいです。

そしたら、もっと堂々と写真撮ります。ちょっと今、こそこそしてる。小心者だから(゚∀゚ )

今日はくっきり、はっきり百合が浜が出ていましたびゅーてほー

 

ゆいの丘から見たら、こんな感じ。

アオサ取りをしているひとが、ちらほらいました。

なんか、平和

キビ刈りしてるひともたくさんいるし、今がいちばん与論島の日常の姿を見ることができる季節なのかもしれません。

やっぱり、与論島移住を考えている人は、夏だけでなく、冬の時期にも与論島を訪れてほしい。

 

与論島の黄金の牛と並んで、沖縄を眺める

なぜか、ここにいるゴールデン牛。

何を見ているのか?気になったので、並んでみました。

沖縄

あんたも、クジラを探してるんだね?

ベストポジションだから、もう何回もクジラを見ているんだろうなぁ(*´∀`)♪

結局、この日はクジラに出会うことはできずに帰りましたが、とてもいい気持ちのお休みになりました。

そんなわけで、ブログものらりくらりです。

 

与論島って、こんな過ごし方が一番、ぜいたくな過ごし方かもしれません。

たまにはよかろうもん。

 

 

だけど夜は、やっぱり家事がたまっていて、大忙しだったんですけど( ;∀;)

 

 

みなさま、これからの季節の与論島へぜひぜひ遊びにきてくださいね~ヽ(*´∀`)ノ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

【人見知り与論島全力案内人】 22歳、初めて訪れた与論島に運命を感じて、26歳で山口県から与論島に移住→そのまま、結婚してかーちゃんになっちゃった!! ワイン大好きぴちぴちのアラフォー薬剤師。 与論島の旅行や移住、田舎暮らしについてブログで全力発信中。 ツイッター、インスタグラムもやっています。