はなアンニャー
記事の下に、与論島や地方移住に役立つ情報がまとめてあります。

短期・長期広告掲載も大募集中!!

お問い合わせフォームより、ご連絡お待ちしております。

樽生ビール、与論島餃子、ヨロンアイスクリーム取り扱い業者様は無料で承ります。

イベント情報、求人等の案内告知拡散もお気軽にご相談ください。

与論島の冬は、映画『めがね』のロケ地マップでドライブするのがおすすめ!




こんにちは。

与論島移住ブロガー、はなアンニャー(@hanadeso3)です。

与論島には、与論島観光協会というところがあります。

オーシャンマーケットのすぐ近く、旧役場のあった場所の敷地内にありますので、与論島に着いたらまず最初に行くといいところです。

与論島の観光ガイドマップやイベント情報、百合ヶ浜の出現情報など、与論島での観光に関わる情報を教えてくれます。

与論島に関する本や、グッズなどもそろっているのでぜひ足を運んでみてください。

”鹿児島県大島郡与論町茶花32-1”
与論島観光協会 基本情報

所在地 / 鹿児島県大島郡与論町茶花32-1

℡番号 / 0997-97-5151

営業時間 / 8:30~17:30

不定休

なんで、いきなり与論島観光協会の話をするかと言いますと、たまたま用事があって行く機会があったからなのですが、けっこう見たことのない与論島のガイドパンフレットがたくさんあったので、住んでるけど見てると楽しい気分になりました。

 

そこで『映画めがねロケ地マップ』というパンフレットがありまして、今回紹介したいと思います。

映画『めがね』好きには、たまらないマップにまちがいないです。

 

スポンサーリンク

映画『めがね』の世界への入り口。

 

一度、めがねについて、ブログに書いたことがあります。

与論島で、映画『めがね』をあらためて鑑賞してみたよ

与論島といえば、『めがね』ははずせません。

わたしが、与論島に移住した頃に、ちょうど与論島で撮影されていた映画ですので、思い出深い映画なのです。

銀座通りを女優さんや俳優さんが普通に歩いていたり、スタッフのひとと仲良くなったりしました。

とうちゃん
オーシャンマーケットにもよく来てくれてたよ

って、だんなが言うんですが、このときはまだだんなに出会ってさえもいないときのこと。

いや~、時間は本当に流れています。人生、何が起こるかわかりません。

でも、正直、めがねの撮影のロケ地なんて、与論島ビレッジ寺崎海岸くらいしか知らなくて、ロケ地めぐりなんて考えたこともなかったわけです。

与論島観光協会で見つけた、ロケ地マップを見ると、与論島のあらゆるところで撮影していることが分かり、驚きました。

マップを見た後で、もう一度、めがねを鑑賞したら、

はなアンニャー
へー、あそこはここで撮影していたのか~!!

と、また違った見方ができて楽しいと思います。

何度見ても、癒される映画ですので、ぜひご覧ください。

 

めがねロケ地めぐりは、冬のドライブコースにおすすめ!

 

冬は、さすがの与論島も寒くて海で泳げません。どうしても、海を楽しみたい方はコチラの記事をどうぞ→冬でも与論島の海を満喫できる4つの技

わたしがひまなとき、ついついやってしまうのが、特に行き先を決めないドライブです。目的は写真撮影。

でも、最近、気づいたんですが、わたしがドライブに行くときはいつも同じ道で、同じ場所に行ってしまうんです。

もっといろんなところを見てまわって、写真が撮りたいのに!!

与論島観光協会では、観光モデルコースというのも配られていますので、こちらも参考にしてみてください。

【与論島観光案内】与論島ドライブモデルコース改訂版

 

今回オススメするのは、『めがね』のロケ地めぐりドライブです!!

映画『めがね』ロケ地マップ

与論空港から始まって、与論島を一周するコースとなっております。

与論島 レンタカー屋さん

Mレンタカー  ℡番号 0997-97-2005

ヨロンレンタカー  ℡番号 0997-97-3633

南国モータース  ℡番号 0997-97-2141

プリシアリゾートヨロン  ℡番号 0997-97-5060

☆ホテルが手配してくれる場合もありますので、聞いてみましょう!

車を借りたら、さぁロケ地めぐりスタートです!!

茶花漁港

オーシャンマーケットから目と鼻の先にある茶花漁港。

ここは、物語でも頻繁に出ていた場所のようです。ここから見える夕日はとてもきれいですので、写真撮影におすすめです。

中心街に近いですが、海をのぞくとウミガメがいることもあります。

Aコープでも撮影あったんですね!気づきませんでした!もう1回見てみよう。

ヨロン島ビレッジ

ここは、めがねにも出演した名物女優犬ケンのお家です。

ハマダの場面の撮影が行われた場所でもあります。

ハマダの食堂のセットがまだ、残されているので、めがねファンなら必ず訪れたい場所です。

わたしが、与論島を訪れたときに泊まった、最初の宿でもあります。最初に泊まったのがヨロン島ビレッジじゃなかったら、与論島に移住してきていなかもしれない。わたしにとっても、ターニングポイトになった場所です。

この近くの、メーラビビーチも撮影に使われました。

昔、旅人だった頃は、よく行ったメーラビビーチですが、移住してからまったく行ったことがない場所なんです。

車では行けないので、しばらく歩かなくてはいけないようで、イマイチ行き方が分からないので、今度チャレンジしてみようと思います。

記憶によると、森のようなところを通っていったような・・・・

車を降りて、ふらっと行ってみましょう!

寺崎海岸

ここは、かき氷やさんがあったり、メルシー体操をしていた場所です。

ほんとうは、トゥマイビーチというところだそうで、寺崎海岸はそのお隣なんだそうです。

パワースポットでもあり、元気を出したいときなんかに来るといいですよ。

ワタシも好きなビーチです。海の色がきれいなんですよね。砂の感じも好き。ついつい、足が向いてしまう不思議なビーチなのです。

農道

与論島、農道ばっかりなんですけどね。

あれから、10年以上たちましたので、残念ながら舗装されてしまった場所も多いようです。

農道は、自転車に乗っているシーンが多かったです。

星砂荘

ここは、薬師丸ひろ子さんが宿の主人をしていたあやしいマリンパレスのロケ地でした。

ここにたどりつくために、サトウキビ畑のなかにある道も通ります。

ここには、泊まったことないんですよねぇ・・・・どんなところなのか気になります。

与論中学校でも撮影が行われています。

 

こうやって、あらためてロケ地マップを見ると、

はなアンニャー
へぇ~
はなアンニャー
ほぉ~

と、新鮮な気分になりました。

 

与論島が舞台のMVやドラマ増えています。

 

最近は、けっこう頻繁に与論島でミュージックビデオを撮ったり、ドラマの収録がされているようです。

新津由衣さんのMVの撮影は、こないだの台風直前に行われていたので、あんな天気のなかでどうやって、撮影したんだろう・・・と思ってたんですよね。

実際、見たらすごいかっこいい映像だったので、すごい!プロ!!!って、感動しちゃいました。

こうやって、美しい与論島の映像が全国に流れるのは嬉しいですね。

与論島がテレビに出るときは、台風の映像や健康に関する番組が多いので。

 

こうやって、与論島の映像が流れることで、与論島い興味を持ってくれるひとが増えてくれるとうれしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

はなアンニャー
与論島でもクレジットカードが使えるお店が増加中

オーシャンマーケットでは、クレジットカードは勿論、電子マネー、今話題のPayPay決済も可能です。

 

楽天カードなら入会金、年会費すべて無料!!5000円分のお買い物ができる特典つき!!もちろん、オーシャンマーケットでも5000円分買い物できます。

オーシャンマーケットで貯めたポイントを使って楽天市場でお買い物もできます。

『使って貯まる』『たまったら使う』をぜひ、おぼえてください。
申し込みはこちらから。超超長お得で簡単。マジでがっつり。



楽天カードをお持ちなら、こちらから旅行予約が大変お得で便利。

楽天ポイントも使えますし、ポイントもがっつり貯まります。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

もうひとつ、与論島で便利なクレジットカードを紹介します。与論島のたびんちゅ妻、移住者の必須クレジットカードといえば、JALカード。

入会費、年会費無料。JALマイルがぐんぐん貯まる!オーシャンマーケットのお買い物でも貯まります。

 

JALグループ国内線、国際線航空券に交換する時には、『JALカード割引き』JALの国内線チケット購入でも割引運賃を活用することができます。

申し込みは簡単!!コチラから。


あなたが、JALカードをお持ちのマイラーなら、こちらから旅行予約が大変便利でお得!

マイルも使えるし、マイルを貯めることもできます。



買い物しても、知らぬ間にドンドン、マイルが貯まりビックリしますよ!!

ナイショですが、居酒屋さんなどのお店やさんは、仕入れ等で使うと恐ろしくポイントが貯まる!!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

【人見知り与論島全力案内人】 22歳、初めて訪れた与論島に運命を感じて、26歳で山口県から与論島に移住→そのまま、結婚してかーちゃんになっちゃった!! ワイン大好きぴちぴちのアラフォー薬剤師。 与論島の旅行や移住、田舎暮らしについてブログで全力発信中。 ツイッター、インスタグラムもやっています。