はなアンニャー
記事の下に、与論島や地方移住に役立つ情報がまとめてあります。

短期・長期広告掲載も大募集中!!

お問い合わせフォームより、ご連絡お待ちしております。

樽生ビール、与論島餃子、ヨロンアイスクリーム取り扱い業者様は無料で承ります。

イベント情報、求人等の案内告知拡散もお気軽にご相談ください。

台風中の孤独の恐怖。誰かとつながってる安心感が大事です!!~情報共有の方法を考える~




こんにちは。

与論島台風停電暮らしアドバイザー?の、はなアンニャー(@hanadeso3)です。

みなさまの応援によって、4日目にして停電生活から脱出できました。

夜遅くまでがんばってくれた九州電力の方々、本当にありがとうございました!!今回は、電柱が折れたり、電線が切れたりしているところが多かったようで、復旧に時間がかかったようです。

 

長い長い台風による停電生活を経て、いろいろ思ったこと、これからいかせることをブログに残しています。

さて、いってみよう!!

 

台風中の情報共有の重要性と難しさについて

 

与論島では、定時の町内放送がかかります。

定時放送は、かかるだけで子供たちが家に帰る時間だ!!と認識したりできます。特に、何を言っているのかは気になりません。←なんか、ごめんなさい。

それ以外にも、学校のお休みや火事だから消防団集合を呼びかけたり、台風避難を呼びかけたりしてくれます。

台風真っ最中も例外ではなく、そのときの状況を放送でお知らせしてくれるのですが、これがまた

はなアンニャー
がーがー言って、なんて放送しているのか さっぱりわからん!!

ので、みなさん困惑しています。

町民には1世帯ごとに防災無線が配られますが、それをきちんと使っても、正直なんて放送がかかっているのか分かりません。ただがーがーうるさいだけなので、電源も入れていません。

台風の音がうるさくて・・・も少しはあるかもしれません。

でも正直、火事のときも聞こえません。

はなアンニャー
今、なんて!?
はなアンニャー
どこが火事だって!?
はなアンニャー
どうなったって!?

台風や家事のときこそ何て言ってるかちゃんと聞きたいのに、何もわからないのが今回はツラすぎました。

わたしの年齢でも聞こえないのに、おじいちゃんおばあちゃんに聞こえるわけがない・・・・

逆に何も聞こえないほうが、不安にならずにすむのでは?とさえ思ってしまいます。

台風時は、停電して、テレビもうつらず、スマホを見ても与論島の情報などあるわけでもなく・・・・

 

でも、こんなときこそ情報共有って重要ですよね!!

すぐそこに危険がせまっているのに、何も知らないままでいるって怖すぎる。

未来のおおまかな情報は、月2回の週報が配られます。でも、すぐそのときの情報を共有することはできません。

島には老若男女住んでいるので、すべてのひとに同じ方法で情報を伝えるのは無理があるんじゃないかと思うんです。

放送がきちんと聞こえるように進化しても、世の中には耳が聞こえない人もいるのです。

だから、目と耳、両方でわかる情報でないと伝わらないひとが絶対いるんです。どっちも無理な人もいます。

きちんと情報が伝わる方法と、ワケあって情報を得られないひとにも手を差し伸べる、例えば、確実に情報が得られる人のそばにいるシステムを作る。とかを考えないといけないんじゃないか。

と思った今回の台風でした。

何歳か以上の高齢者しかいない家庭は絶対避難するとか。

拒否したらもうほっとけ、とか。

*****************************************************************

これ書いてる途中に、ツイッターで、与論島メルマガってどうよ?の議論が行われました。メルマガって何かよく知らなかったですが、聞いてみると、よその自治体では、広がっている方法のようです。

ちなみに、わたし地元では、テレビ局があって、そこから情報発信していました。ほとんど停電する事がないのでできたことなんですが。

与論島は停電のことも考えて、情報発信を考える必要があります。

また、与論島には高齢者が多いので、そこも考えていかねばならんところ。耳が聞こえない、目が見えない人への配慮も大事です。

こういった方々は、それを補えるひとたちのそばにいて助けてもらうようにするとかもありだと思います。

その場にいる、誰かが情報を得てみんなに伝えられればいいわけですから、なんとかならんですかね???

与論島だからこそできる、人間力、人とのつながりでいろんなものを組み合わせたら、うまくいきそうな気がします。

要は、この案件にすぐに取り掛かるかどうか。いますぐ取り掛からないと意味がない。

 

でも正直、これを本格的に議論し始めるまでに時間がかかりそうな予感しかしない・・・・・

 

ツイッターにはげまされた!!

 

今回の台風は、前回も書きましたけど、ツイッターには、めっちゃめちゃはげまされました。

台風がおさまって、停電してからもツイッターでわからないことが聞けたり、おしゃべり?できたのは、本当に助かりました。

与論島の状況もよく分かって、あの、台風中に絶対にやってはいけないこと~与論島チャーミー実録~で、家族がじーさんを探しに行くことになったとき、あそこは通行止めになってるとかの情報があって助かりました。

与論島のそとの方々にも、はげましの言葉をいただき、本当に嬉しかったです。

暗闇の中、退屈することもなかったし。逆に忙しかったかも。

 

長い停電中も、家は静かですがまわりにたくさん人がいてくれているような感じで、正直楽しく過ごせました。

ありがとうございました。これからもよろしくお願いします!!

元々、あんまりSNSするほうじゃなかったんですが、ツイッターはもしろいですねー。最初は、オーシャンマーケットのCMがてら始めたんですけど、正直今はCMとかどーでもいい情報発信どころか、どうでもいいこと発信しかしてない・・・

 

わからないことはわかるひとに聞くのがベストアンサー!!

 

わたしは、本当に知らないことばかりで、いつもみなさんに教えてもらって生活しています。

停電後の、復旧のしかたも聞かないとわからなかったことばかり・・・

ツイッターで質問したら、誰かが教えてくれるので本当に助かりました。

やっぱり、いくら考えてもわからないことは誰か知っているひとに聞くのが一番です。

災害時の対応なんて、知っておかないといけないことですが、その時にならないと何が起こるかわかりません。

困ってるときに、さくっと教えてくれるひとがいるのは、本当に心強いです。

そのときに欲しい答えがすぐ聞ける時代です。

しかも、いろんな職種のひとに会えるから、専門的なことも教えてもらえるのもありがたい!!

 

どんなにひとりが好きでも災害時は誰かとつながっておくべし!!!

 

今回、台風で自分の家意外と完全に遮断されて思いましたが、こうやって誰かとつながっていて、情報を共有することってすごく大事だなと思いました。

わたしは与論島に来て初めてでくわした台風で、携帯電話の電池切らしましたからねぇ・・・あれほど怖いものはなかったです。光もなくなったし。

今まで、こんなこと考えたことなかったんですが、何が起こるかわからん時代ですからね。どこかでつながっている安心感は、必要です。

 

ひとりが好きなひとも、こんなときにつながっておける誰かがいますように。

不安が取り除けますように。

 

わたしでよければ、しょうもないつぶやき野郎ですが、お仲間募集中です。

⇒⇒⇒はなアンニャー(@hanadeso3)

 

 

 

 

スポンサーリンク

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 島暮らしへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 奄美・奄美大島情報へ
にほんブログ村



与論島のママさんブロガー紹介

二人の子育てに奮闘中。

はなアンニャーと同じ移住嫁。

離島に住むママのための情報コミュニティサイトりとママも運営中のはーさん@与論島(@yasuko1319)のブログはコチラ→→→

与論島に移住したナビィさんちの日記

 

 

ともみん@neoフリーター(@binta_420)さんはアクティブママ。

与論島出身ブロガーで、子育て、大好きなフットサルなどについて、なんと3つのブログ発信中→→→

離島・与論島でピュアっ子育て

37歳主婦 フットサル初心者 成長日記

マミブロ

与論島、地方移住の仕事探しはこちらから

☆あなたが医療関係の資格をお持ちであれば、割と簡単に与論島や地方移住の夢は叶います。離島は人材不足です。

まず登録だけでも大きな一歩。わたしもココから探し始めました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

いろいろなサイトを見る必要なし!薬剤師の求人をまとめて検索【薬剤師求人.com】

離島・沖縄で働く看護師転職サイトはナースパワー

☆無料で、地方移住転職を支援してくれるサービスも充実しています。登録だけでもしておけば、すごい仕事が見つかることも。

みんな最初は、こんな所から始まるのです。

無料転職支援サービス【WORKPORT】はこちら

☆あなたが保育士、幼稚園の先生の資格をお持ちであれば、与論島移住、地方移住はより簡単に叶っちゃいます。

与論島には、4つのこどもえんがありますが、どこも人手不足で、常に募集中です。ぜひ、登録して資格を生かしましょう!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


☆家族で、与論島に移住して幸せに暮らしている方もたくさんいらっしゃいます。

今は与論島、地方に仕事がなくても暮らしていける時代です。在宅で、勤務時間も、好きなときに働けます。

これこそ、最強では??

ぜひ、登録して、自分に合った仕事を探してみてください!!在宅なら、人間関係や勤務時間の悩みなどいっさいなしです!!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


☆在宅ワークといえば、今流行のクラウドソーシング「ランサーズ」もおすすめです!!好きな時間に好きな仕事を選べます。子育て中のお母さんにもできる!!わたしも登録していますよ。

↓ ↓ ↓ ↓
クラウドソーシング「ランサーズ」

☆オーシャンマーケットでは、委託販売もしております。あなたの特技をオーシャンマーケットで売り出してみませんか??

委託販売については、この記事をご覧ください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【与論島仕事探し】与論島でもできる、おすすめの副業!!委託販売について教えるよ

☆憧れのリゾートバイトしながら、与論島を満喫できる!!

離島で働いてみたい、移住体験してみたい方には住み込みのリゾートバイトがあります。

与論島のリゾートバイトから島人と結婚して、幸せに暮らしているお母さん、本当に多いですよ。

与論島のバイト見つかります。

↓ ↓ ↓ ↓




【与論島でもクレジットカード使えます】

与論島は、クレジットカード使えるお店増えてます。

オーシャンマーケットでは与論島で唯一電子マネー決済もできます。

楽天カードなら入会金、年会費すべて無料です!!5000円分のお買い物ができる特典つき!!もちろん、オーシャンマーケットでも5000円分買い物できます。

オーシャンマーケットで貯めたポイントを使って楽天市場でお買い物もできます。

『使って貯まる』『たまったら使う』をぜひ、おぼえてください。
申し込みはこちらから、無料ですぐできます。
↓ ↓ ↓ ↓

フモトサイリョウヤカも使い始めたことに、わたしは本当に感動です。わたしもいつまでも頭は柔らかくいたいと思いました。

楽天カードをお持ちなら、こちらから旅行予約が大変お得で便利です。

楽天ポイントも使えますし、ポイントもがっつり貯まります。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

もうひとつ、与論島で便利なクレジットカードを紹介します。与論島のたびんちゅ妻、移住者の必須クレジットカードといえば、JALカードです。

入会費、年会費無料で、JALマイルがお得に貯まります。オーシャンマーケットのお買い物でも貯まります。

JALグループ国内線、国際線航空券に交換する時には、『JALカード割引き』JALの国内線チケット購入でも割引運賃を活用することができます。

申し込みは簡単!!コチラから↓ ↓ ↓


あなたが、JALカードをお持ちのマイラーなら、こちらから旅行予約が大変便利でお得です。

マイルも使えるし、マイルを貯めることもできます。
いい旅、あたらしい旅。JALパック 国内ツアー

【与論島、お得に旅するなら】

与論島に遊びに来るなら、断然パックツアーがお得です。わたしは、移住する前はJALダイナミックパッケージに、ずいぶんお世話になりました。楽天カードをお持ちなら【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベルもおすすめできます。

はなアンニャーにもっと頑張ってほしい、応援してあげたいという心優しい方は与論島の旅行予約の申し込みは、こちらからお願いします!!

はなアンニャー、本当に助かります。めっちゃ喜びます。

↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓

なんと、トラベリストさんは、国内線を運行している航空会社の運賃を一気に比較し、希望の格安航空券をそのまま予約、購入ができる大変便利なサービスです。ホテルとセットの予約でさらにお得なので、要チェックです!!

↓ ↓ ↓ ↓
【CROOZTRAVELIST】航空券購入完了プロモーション

 

 

 

与論島でのマリンレジャーも、事前予約が便利。百合ヶ浜へのグラスボートは、シーズン中はいつも満員御礼で乗れません。ここから事前予約しておくことをオススメします。

↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓

TABICA 海坊主与論島体験ツアーはこちら

 

 

はなアンニャーが与論島で待っていますので、ぜひ一度勇気を出して冒険してみてください。

たった一度しかない人生、今のままでいいですか?このまま、生きていけますか?後悔しませんか?

わたしと同じように、好き勝手生きて大丈夫です。なんとかなります。余裕で生きていけます。

『行きたい場所に行けなかったこと』『自分のやりたいことをやらなかったこと』必ず後悔します。

あなたが死ぬとき、後悔しない人生になるようにわたしは一方的に応援していきます。

これからも、はなアンニャーをよろしくお願いします。

最後に愛する人に、この動画をぜひシェアしてください。

コメントを残す