はなアンニャー
記事の下に、与論島や地方移住に役立つ情報がまとめてあります。

短期・長期広告掲載も大募集中!!

お問い合わせフォームより、ご連絡お待ちしております。

樽生ビール、与論島餃子、ヨロンアイスクリーム取り扱い業者様は無料で承ります。

イベント情報、求人等の案内告知拡散もお気軽にご相談ください。

与論島の御朱印も手に入る!島の誕生を知る神社をめぐる旅。




こんにちは。

はなアンニャー(@hanadeso3)です。

与論島は人口5000人あまりの小さい島ですが、こどもえんが4つ、小学校が3つ、中学校と高校が1つずつある、子育てに優しい島です。

小さいのに子供のための施設が充実しているのはかーちゃんとしてはありがたい。

そして、与論島は神社もけっこうたくさんあって、旅人も訪れる人気の観光スポットらしいのだ。

住んでいると忘れてしまっていたけど、シマノマさんでもらってきた『tane』で神社特集を見つけて、

はなアンニャー
ほぉ~、与論島のこんな楽しみ方もあるのか~

と思って、ひとりで神社まわってみました。

『tane』はシマノマさん、くじらカフェ、アジィズ、海岸通り、メーダフユイ、与論空港など与論島のいたる場所に置いてあるフリー情報誌です。

なかなか、普段忘れがちな穴場スポットのことも書いてあって、おもしろいので、与論島にお越しの際はぜひぜひ探して集めてみてください!!

さて、茶花から与論島神社めぐりの始まり始まり~。

 

スポンサーリンク

舵引き丘ハジピキパンタ

与論高校のすぐそばにある観光スポット。

わたしが移住してきたばかりの頃は、こんなところなかったような?いつのまにハジピキパンタがきれいに整備されたのかわかりません・・・

ハジピキパンタは、神社というわけではないですが、島産みの神話が残る場所だそうです。

島が誕生した場所。

はるか昔、シニグとアマミクという2人の神が漁に出かけて、舟の舵が浅瀬にかかり降り立ってみると、珊瑚礁がムクムクと盛り上がって島が生まれたという神話です。

シニグ祭りの拝所、聖地でもあります。

ハジピキパンタからは、360度見渡せます。

南に沖縄本島、伊江島、西には伊平屋島、伊是名島を望むことができ、北側には沖永良部島、そのはるか先に徳之島まで見えるときもあります。

ここは、朝日を迎え、夕日も愛でることができ、琉球と大和、神々とを結ぶ神聖な場所なのです。

天気がいい日はとてもいい眺めですので、ぜひ行ってみてください。

いすとテーブルがあるので、お弁当を持って出かけてみるのもおすすめですよ!!

少し、風が強いのでそこは気をつけて~。

高千穂神社

こちらは与論中学校の近くにある小さな神社です。

明治政府の神仏分離令により奄美各地に高千穂神社が建てられたうちのひとつ。

天祖天照大神の御神勅を畏み戴き三種の神器を捧持して高千穂峯に天降り、天壌無窮 の皇基を建てられた我が国肇国の祖神天津日高彦火瓊々杵尊を奉斎する由緒正しい神社。

静かで、普段は誰もいません。

お社の奥からの眺めもいい感じです。

与論島のパワースポットと言われていますので、ここに来て元気をもらおう!!

按司根津栄(アジニッチェー)神社

こちらは朝戸にあるアジニッチェー神社。とても漢字が難しい、これは読めない。

与論島の英雄を祀ってある、島人に愛される神社。

英雄と言うのは、琉球統治以前に与論島を治めた按司根津栄(アジニッチェー)というひとのこと。

アジニッチェーは、子供の頃から武術に長けていたため琉球王に気に入られ、与論島を治める按司(アジ)という位を与えられ、根津栄(ニッチェー)という場所で生まれたことから、按司根津栄(アジニッチェー)と名を授けられ、琉球王のそばで仕えていました。

しかし、与論島に帰りたいと申し出ると、琉球王と対立してしまい、命を落としてしまったという伝説が残っています。

今も境内に頭蓋や遺品が奉納されているそうです。

災厄削除お守りは木札の半分に災厄を移して割り、災のほうはその場にある災い箱に置いていき、片側半分をお守りとして持ち帰ることができます。

与論島のカタチをした絵馬や、星砂守りもあり。

入り組んだところにありますが、親切な看板がしっかり案内してくれますよ。

琴平神社と地主神社

同じ敷地内に、二つの神社があります。

サザンクロスセンターのお隣。与論城跡でもあります。

こちらでは御朱印を書いてもらえるそうです。

与論城跡は、14~15世紀頃、琉球の北山王の三男であるオーシャンが与論世之主(島主)として島を治めていました。オーシャンが与論城を築城中に、尚巴志により北山王朝が滅亡したため、築城が中止され、未完成のまま今に残っています。建物はなく、サンゴで作られた石垣は、地面に身を伏せて島を守る龍の姿をかたどって造られたといわれています。

はなアンニャー
オーシャンマーケットの名前の由来はこのオーシャンさんからです。

与論島の神社のなかでいちばん大きな神社です。

十五夜踊り、奉納相撲などの行事がここで行われます。

与論島でも高い場所にある神社なので、見晴らし最高です。沖縄もしっかりくっきり見えます。

ここから夕日を見るの、おすすめです。

こちらは琴平神社。

みなさんがおみくじを引く場所。

おみくじは、吉凶の運試しではなく、書かれてある内容が大事。書かれてある内容を教訓として持ち帰って、何度も見直しながら日々の暮らしを見つめ直すものなのです。

琴平神社は、文政7年、金毘羅大権現「大物主之尊」を勧請し、天保6年に石仁の厳島神社と朝戸の菅原神社を合祀し、明治42年に現在の場所に建立されました。

こちらが地主神社です。

与論の原始信仰である拝所(ウガン)の神々を合祀し、明治3年、城跡にある辺後地拝所の傍らに小祠を建て、島の産土「大地主(おおことぬし)」神を祀った神社。

 

与論島、神社の旅まとめ

 

与論島の拝み方は、2礼 2拍手 1礼。

あまり思いきりぱんぱんとは手をたたきません。優しく手を合わすように拍手します。

お正月やお盆、お墓参りやお葬式のときなど、与論島のひとはすっと手をあわせます。

そのとき、ご先祖様に対して、感謝の気持ちを述べます。

与論島の神社はどこも駐車場があるので、ドライブに最適です。

その神社も、気持ちのいい雰囲気で、与論島のパワースポット感満載です。

元気がないとき、落ち込んでいるときに、神社めぐりをしてみると元気になれるかもしれません。

与論島の誕生を想いながら、神社を巡ってみるとまた新しい与論島が見つかるかも!?

島に来ると必ず、神社におまいりするひともけっこういるようですよ。

神社をめぐる与論島の旅、今度の旅の計画に入れてみてはいかがでしょう?

 

 

 

 

スポンサーリンク

はなアンニャー
与論島でもクレジットカードが使えるお店が増加中

オーシャンマーケットでは、クレジットカードは勿論、電子マネー、今話題のPayPay決済も可能です。

 

楽天カードなら入会金、年会費すべて無料!!5000円分のお買い物ができる特典つき!!もちろん、オーシャンマーケットでも5000円分買い物できます。

オーシャンマーケットで貯めたポイントを使って楽天市場でお買い物もできます。

『使って貯まる』『たまったら使う』をぜひ、おぼえてください。
申し込みはこちらから。超超長お得で簡単。マジでがっつり。



楽天カードをお持ちなら、こちらから旅行予約が大変お得で便利。

楽天ポイントも使えますし、ポイントもがっつり貯まります。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

もうひとつ、与論島で便利なクレジットカードを紹介します。与論島のたびんちゅ妻、移住者の必須クレジットカードといえば、JALカード。

入会費、年会費無料。JALマイルがぐんぐん貯まる!オーシャンマーケットのお買い物でも貯まります。

 

JALグループ国内線、国際線航空券に交換する時には、『JALカード割引き』JALの国内線チケット購入でも割引運賃を活用することができます。

申し込みは簡単!!コチラから。


あなたが、JALカードをお持ちのマイラーなら、こちらから旅行予約が大変便利でお得!

マイルも使えるし、マイルを貯めることもできます。



買い物しても、知らぬ間にドンドン、マイルが貯まりビックリしますよ!!

ナイショですが、居酒屋さんなどのお店やさんは、仕入れ等で使うと恐ろしくポイントが貯まる!!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

【人見知り与論島全力案内人】 22歳、初めて訪れた与論島に運命を感じて、26歳で山口県から与論島に移住→そのまま、結婚してかーちゃんになっちゃった!! ワイン大好きぴちぴちのアラフォー薬剤師。 与論島の旅行や移住、田舎暮らしについてブログで全力発信中。 ツイッター、インスタグラムもやっています。