与論島の子育て記録、遠泳大会で本気出すのは子どもじゃなくて親

こんにちは。

はなアンニャー(@hanadeso3)です。

与論島では、各小学校で毎年、遠泳大会という行事があります。

その名のとおり、遠くまで泳ぐ、というか長い距離をプールではなく、海で泳ぐイベントです。

子どもたちの泳ぐレベルに合わせて、200m、700m、1500mの3つから泳ぐコースを決めます。

ちなみに、4年生以上が参加するイベントです。

うちの子どもの通う小学校は、ウドノスビーチで泳ぎますが、他の小学校は百合ヶ浜らへんらしく、ちょっとうらやましい気もします。

ちなみに、1500mは、700mのコースを2周泳ぐという、ヨロンマラソンのフルマラソンコースのような感じです・・・

そして、泳ぐのは子どもたちだけではなく、親も子どもたちの安全を守るために伴泳として一緒に泳ぐのです。

なので、親にとっても、けっこうな一大イベントだったりします。

与論島は、平日のイベントでも、けっこう親が集まるので、にぎやかです。

毎年、梅雨の真っ最中に行われるので、晴れた日にやった記憶はほとんどなし。

なんなら、おととしは、雷も鳴っていたような・・・・

今年も、雨が降り、波もけっこう強くて、そんでもって、練習もいっさいしてなかったもんですから、めちゃくちゃ緊張しておったのですが、

まぁ、伴泳も今年で4年目。

ベテランと言えば、ベテラン。なんなら、去年は、息子氏と娘ちゃん、ふたり分の700mと1500mのコースを両方泳いだのに、今年は1500mだけ!

なんとかなるだろう!!

って思ってました。

 

なんともなりませんでした・・・・・・・

 

 

はなアンニャー
子ども、泳ぐのくそはぇぇえええ!!!

 

大人は、もしものときのために、カヌーやサップのボードに乗ったり、一緒に泳ぐひとは、ビート板を持って泳ぎます。

言い訳ですが、このビート板が邪魔で邪魔で!体にくくりつけるヒモがからんでくるし!!

ビート板持つと、足しか使えなくなるんですけど、足だけじゃ、子どもに追いつけないっ!!

自分は足ひれも持ってないし、自力で追いかけるしかないのに、全然追いつけないし、波で前にも進まない。

去年は、足だけでも、全然追いつけたのに、今年は、娘ちゃんの成長をひしひしと感じる遠泳大会になりました。

それと同時に、自分の衰えも・・・・

 

家に帰って、息子氏にこの話をすると、

むすこ
歳だよ、歳、歳!!

完全に間違いないけど、くやしいー!!!

途中、カヌーのひとに引っ張ってもらったり、ショートカットしたり、大人しかできないズルを繰り返して、なんとか、浜にたどり着いたときは、全然泳いだ感なかったのに、ヘトヘトでした。

まじで、今年は完敗の極み。

 

なにがすごいって、子どもたちはみんな、完泳ですよ。

みんな、距離は違えど、毎日のように練習して、海であの距離を泳ぐのはほぼ今年は初で、波もあるし、足もつかない状況で、ほんと、すごかった!!

いつのまにか、強くなってる。

心も体も。

 

たぶん、遠泳大会って、子どもの成長ぶりがいちばんよくわかるイベントかもしれない。

終わったあと、わたしはぐったりだったのに、娘ちゃんは平然として遊んでた。

筋肉痛もなさげ。

昼寝もしないで元気。

なんなんだ、その体力は。

 

来年は、娘ちゃんが小学6年生なので、娘ちゃんにとっても、わたしにとっても、人生最後の遠泳大会。

ビート板なし、足ひれはもちろんなしで、ほぼ選手として参加する意思をかためた、かーちゃんでした。

つーても、ビート板は自分の命綱でもあるからな…

簡単には手離せないであろう。

 

むすめ
かーちゃん、どこにいたの?
はなアンニャー
離れた場所から見守っていたんだよ!

 

来年はへばりついて泳いでやるからな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

【人見知り与論島全力案内人】 22歳、初めて訪れた与論島に運命を感じて、26歳で山口県から与論島に移住→そのまま、結婚してかーちゃんになっちゃった!! ワイン大好きぴちぴちのアラフォー薬剤師。 与論島の旅行や移住、田舎暮らしについてブログで全力発信中。 ツイッター、インスタグラムもやっています。