はなアンニャー
記事の下に、与論島や地方移住に役立つ情報がまとめてあります。

短期・長期広告掲載も大募集中!!

お問い合わせフォームより、ご連絡お待ちしております。

樽生ビール、与論島餃子、ヨロンアイスクリーム取り扱い業者様は無料で承ります。

イベント情報、求人等の案内告知拡散もお気軽にご相談ください。

与論島の家族を大事にする、特別な4つの風習と伝統とは?




こんにちは。

山口県から与論島にはるばる移住してきて13年の、はなアンニャー(@hanadeso3)です。

山口も田舎でしたが、与論島も田舎。

そして、与論島には山口県にはなかった独特の風習や文化があるんです。

実際に、与論島の文化について学びたい場合は、サザンクロスセンターに行くのがおすすめ。

与論島、雨の日の過ごし方 その①サザンクロスセンター

今回は、なかでも与論島に来て初めて聞いた風習4つについて書いてみました。

 

2つの名前、ヤーナーって何?

 

テレビでも話題になった、与論島のヤーナー。

家名と書いてヤーナーと読みます。

与論島生まれの人は、生まれたときにお父さんお母さんや他のひとが付けて戸籍に登録する本名とは別に、もうひとつ名前がつけられます。

それがヤーナー。

ヤーナーは、子供のおじいちゃんおばあちゃん、ひいおじいちゃんひいおばあちゃんのヤーナーをもらうのが一般的。

与論島の方言で、由来は諸説あるようですが、生活に身近なものの名前からとっているものが多いようです。

与論島のこどもえんや学校では、子供たちのヤーナーが貼り出されているところもあります。

与論島の中では、ヤーナーのほうがメジャーで、本名が知られていないひとも。

ちなみに、わたしは山口県生まれなのでヤーナーはないのですが、名前に『はな』がつくので、もう『ハナ』でいっか、みたいな感じになってます。

息子は、じーさんのを受け継いで、『ジャー』

娘は、ひぃばあちゃんのを受け継いで、『ナビ(鍋)』

他にも聞いたことがあるだけでも、『ハニ』、『ウシ(牛)』、『カミ』、『マチ(松)』、『ヤマ(山)』、『チュー(千代)』、『サブル』、『タラ』、『マニュ』、『トゥク(徳)』、『マサ』、『ウトゥ』、『タマ(玉)』、『マグ』、『ムチャ』など、まだまだたくさん!!

なのに、知り合い、親戚はヤーナーがかぶっているひとが多く、正直、誰のことを言っているかわからないときがあります。

親戚関係は、年代によって、ウジャ(方言でおじさん)やヤカ(おにいさん)などをつけて区別して呼んでます。

名前が2種類あると、けっこうややこしいですが、それが与論島スタイル。

 

与論島の風葬、そして土葬と洗骨

 

わたしが移住してきた頃には、与論島にも火葬場ができていて、土葬という風習はなくなっていましたが、洗骨という風習はまだ、洗骨されていないひとが残ってた、残っている?のでたまに行われていました。

明治時代までは、与論島では岸壁の洞穴などに遺体を安置して、白骨化を待つ、「風葬」というのが一般的だったそうです。

風葬は、明治になって禁止され、それから「土葬」に変わりました。

土葬した棺の上には、棺蓋(がんぶた)と呼ばれる木製の家を据え、

『死後の世界でも同じように暮らせるように』

との願いを込めて、生前に愛用した身の回りの品や好物を供えるのです。

今も、この棺蓋は与論島でもちらほら見かけることができます。

そして、埋葬後3~5年たったら、骨を掘り出して、海水などできれいに洗う「洗骨」を行います。

遺族は、遺骨に触れて故人を懐かしみ、骨を洗うことで、海のかなたの浄土に導き、ようやくこの世とのお別れとなるそうです。

最近、『洗骨』という映画もありましたよね。与論島だけの風趣ではなく、沖縄の離島や奄美群島で行われています。

映画館のあるところに行ったら、ぜひ見てみたい映画です。

みなさんも与論島に来る前に、映画を見てくると、また変わった気持ちで島のことを思うかもしれません。

2003年に、火葬場が建設されると、

「子や孫に洗骨の負担をかけたくない」

との思いから火葬を選ぶ人が増えているとのことですが、ほとんど土葬される方はいません。

与論島のお墓はほとんどが海のそばにあります。島の外側をお墓が守っているような?

わたしの実家のお墓は山の中のジメジメしたところにあって、少し暗い雰囲気なのですが、与論島のお墓は明るい感じがします。

お墓の近くに、人気の海岸への入り口が多いですが、怖くないので、安心してお通りください。

 

与論島は先祖崇拝の島、親を大事にする島

 

与論島のひとは、親をとても大事にしています。

まだ病院で働いているときは、病院や施設に入っている両親の食事介助をしている息子さん、娘さん、お嫁さん、子供さん、とても多く見かけました。

都会では、あまり見かけない光景だったので、与論島ってすごいな・・・と。

家で、高齢の両親の介護をされている家庭も多く、もう少し、在宅医療を助けてくれるサービスが充実してほしいと感じるところ・・・

 

与論島では、生きている家族だけでなく、ご先祖様に対して敬う気持ちがとても強いのを感じます。

与論島では、先祖から命を引き継ぎ、先祖に守られ、生かされているという考えがあるのです。

自宅に神棚を置き、毎朝お供えし、手を合わせて感謝するのはもちろん。

お盆や年忌には、ご馳走を用意し、ご先祖様をお供えします。

与論島では、33回忌いなると、家に宿った故人の魂が天に昇り、家族を見守る守護神になると信じられていて、33回忌はとても盛大にお見送りが行われるそうです。まだ、経験したことがないですが・・・

死は自然の摂理ととらえている与論島では、死は終わりではなく、死後も魂は生き続けているという考えがあります。

たしかに、お盆などで親戚が家に集まると、山口にいた頃は、決まったお経を唱えている感じでしたが、与論島では、家主はご先祖様に話しかけ、感謝の言葉を述べています。そして、一緒にご飯を食べているような雰囲気です。

お墓参りも、けっこう頻繁に行われていて、島じゅうにお墓がありますが、どこもきれいにされている印象があります。

与論島のお墓には、ハイビスカスなどの色とりどりの花が飾られているのも、とてもいいなと思います。

 

与論島は、人生の最期は家で迎える終末医療

 

与論島では、病院で最期を迎えるということはあまりなく、ほとんどのひとが息があるうちに自宅に帰ります。

この風習は、わたしが与論島に興味を持ったときに特に気になったことでもあります。

病院に霊安室がないのも、このためです。

与論島の離島医療~病院に霊安室がない~

与論町でも自宅死の割合は、50%以上で、老人ホームや病院がある市町村の中では第1位なのだそうです。全国平均は10%前後。

 

与論島では、病院に入院していたとしてもいよいよ・・となると、家庭の事情がない限り、ほとんど最後は退院して自宅に帰ります。

家に魂が宿ると考えられているからです。

そして、最期は家族に見守られながら、息を引き取ります。

わたしも、一度、だんなのおじいちゃんのときに体験しました。

家族も準備ができてますし、家に帰ってきた安心感からか、本人もとても穏やかな顔でした。

もしも、自宅に間に合わなかった場合は、「ヌジファ」という抜魂儀礼を行い、魂を自宅に呼び戻すということがされるそうです。

 

与論島の島民でなくとも、やっぱり死ぬまで自分の家にいたいと思っている人はたくさんいると思います。

それを、当たり前のようにやってきた与論島。

最新医療などはできないことが多いですが、自分が望む最期を迎えられるのは幸せなこと。

現在は、島に家族がいない方も増えているので、延命治療をお願いされる方も多いようですが、自然なカタチで最期を迎えられるようにこの風習はずっと残ってほしいですね。

自分も最期は自宅がいいです。

 

与論島は家族をとことん大事にする島

 

与論島に来て、思うことは、

はなアンニャー
与論島の人は、家族をとことん大事にする島だな・・・

でした。

いまや、核家族が増え、親戚同士の集まりもなく、親とさえほとんど連絡も取り合わないという家族も増えてきています。

世の中が便利になったからというのもあるだろうし、

自分たちのことで精一杯というのもあるでしょう。

わたしの実家は、山口の山奥のめちゃくちゃ田舎ですが、それでもほとんど親戚の集まりなどなく、家族でどうこうすることもありませんでした。

お盆やお正月でさえ、です。

そこから、与論島に来て、家族のつながりの強い与論島を見ると、最初はわーすげー・・と言った風に思ってましたが、なんだかうらやましくも思えてくるのです。

与論島の独特な風習は、どれも家族やご先祖様を大事にしているからこそのもの。

 

ぶっちゃけ、めんどくさいなと思うときもありますけど、大事な風習だと思います。

もう少し、歳をとてくると良さがジワジワくるでしょうねぇ・・・・

 

 

 

 

スポンサーリンク

はなアンニャー
与論島でもクレジットカードが使えるお店が増加中

オーシャンマーケットでは、クレジットカードは勿論、電子マネー、今話題のPayPay決済も可能です。

 

楽天カードなら入会金、年会費すべて無料!!5000円分のお買い物ができる特典つき!!もちろん、オーシャンマーケットでも5000円分買い物できます。

オーシャンマーケットで貯めたポイントを使って楽天市場でお買い物もできます。

『使って貯まる』『たまったら使う』をぜひ、おぼえてください。
申し込みはこちらから。超超長お得で簡単。マジでがっつり。



楽天カードをお持ちなら、こちらから旅行予約が大変お得で便利。

楽天ポイントも使えますし、ポイントもがっつり貯まります。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

もうひとつ、与論島で便利なクレジットカードを紹介します。与論島のたびんちゅ妻、移住者の必須クレジットカードといえば、JALカード。

入会費、年会費無料。JALマイルがぐんぐん貯まる!オーシャンマーケットのお買い物でも貯まります。

 

JALグループ国内線、国際線航空券に交換する時には、『JALカード割引き』JALの国内線チケット購入でも割引運賃を活用することができます。

申し込みは簡単!!コチラから。


あなたが、JALカードをお持ちのマイラーなら、こちらから旅行予約が大変便利でお得!

マイルも使えるし、マイルを貯めることもできます。



買い物しても、知らぬ間にドンドン、マイルが貯まりビックリしますよ!!

ナイショですが、居酒屋さんなどのお店やさんは、仕入れ等で使うと恐ろしくポイントが貯まる!!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

【人見知り与論島全力案内人】 22歳、初めて訪れた与論島に運命を感じて、26歳で山口県から与論島に移住→そのまま、結婚してかーちゃんになっちゃった!! ワイン大好きぴちぴちのアラフォー薬剤師。 与論島の旅行や移住、田舎暮らしについてブログで全力発信中。 ツイッター、インスタグラムもやっています。